日本で建設中の大型電波望遠鏡2008年11月06日 16時49分20秒

電波望遠鏡(干渉計)を日米欧の国際プロジェクトとして建設しようというものとして,ALMA Projectがあります.チリのアタカマ砂漠に建設中で,日本も積極的に関与しています.進行状況はこちらで見る事が出来ます.
こちらは大掛かりなプロジェクトですが,大学の一研究室で電波望遠鏡(干渉計)を建設しようという計画も動いています.早稲田大学の那須パルサー観測所です.私立大学が建設しようとしている試み自体が日本では珍しいのですが,一つの研究室が建設するものとしては異例の規模です.固定しているとはいえ30m径の球面鏡が1つ,20mの球面鏡が8つです.既に稼働しており,いろいろな観測結果が出ているようです.
このグループはかつて,新宿に電波干渉計を設置していました.観測する電波の波長帯は通信に用いられない1.4GHzのものだったのですが,最近は携帯電話が1.5GHzの電波を使い,悪影響が出ているようです.そこで人口の少ない那須で観測を本格的に行っているようです.
このグループの特徴は,二次元に並べた干渉計です.今後の展開を考えると,20mの球面鏡を二次元に並べる事が予想されます.そうすると,アレシボ天文台には匹敵しないものの有効口径が非常に大きく,かつ多方向を同時に観測できる,とてつもない機器になります.今後の展開にちょっと注目してみたいところです.

「君もガリレオ」プロジェクト説明会2008年11月15日 21時25分41秒

2009年は世界天文年です.このために以下のようなイベントが開催されます.

****
「君もガリレオ」プロジェクト説明会の開催について

趣旨:
「君もガリレオ」プロジェクトでは、国や地域での指導者育成も目指して国内外でのワ ークショップを開催します。  今年11月30日(日)14:00-20:00に最初の国内向けの説明会、「君もガリレオ」プ ロジェクト説明会を国立天文台三鷹にて実施します。本プロジェクトに興味をお持ちの 小学校、中学校、科学館等の職員のみなさんや保護者のみなさん、地域で世界天文年を 盛り上げようというみなさんのご参加をお待ちしています。
 天文学に関しての知識や経験は問いません。どなたでも参加できるプロジェクトです。 説明会では「君もガリレオ」望遠鏡の作り方や観察の仕方なども実習予定です。

日時: 2008年11月30日(日)14:00-20:00
(予定、雨天曇天時は18:30終了予定)
会場: 国立天文台三鷹 解析研究棟 大セミナー室 とグラウンド
     (東京都三鷹市大沢2-21-1)
  アクセス : http://www.nao.ac.jp/about/mtk/access/index.html

受付: 13時30分開始
内容(予定):
14:00-15:00 「君もガリレオ」プロジェクトの説明と質疑応答
15:00-15:30 「君もガリレオ」M31(アンドロメダ銀河)の観察方法について
15:30-15:45  休憩 + グループ分け
15:45-16:15  参加者の自己紹介と観察プランの紹介
16:15-16:45 「君もガリレオ」望遠鏡の組み立て実習
16:45-18:00  観察実習
       (金星、木星、M31 3グループに分かれてグラウンドで観察)
        雨天・曇天時は中止
18:00-20:00  懇親会 (来年度の展開について参加者でディスカッション)

参加費:無料 (ただし懇談会参加費として2,000円)
主催:世界天文年2009日本委員会「君もガリレオ」プロジェクト
協賛:オルビィス株式会社、株式会社 星の手帖社

お申し込み方法:
お名前、ご所属、メールアドレス、都道府県、懇親会参加の有無、 参加の動機を本文中に明記の上、 タイトルに「説明会参加希望」と書いて、「君もガリレオ」プロジェクト係
galileoscope@astronomy2009.jp
までメールでお申し込みください。

 お名前:
 ご所属:
 メールアドレス:
 都道府県:
 懇親会参加(参加費2000円)  参加する・参加しない
 参加の動機・ねらい:
 

申し込み締め切り:11月21日(金)正午


 お問い合わせ先:
  世界天文年2009日本委員会「君もガリレオ」プロジェクト係
e-mail:galileoscope@astronomy2009.jp

以上

タケダヤングフォーラム 2008 - 医学を志す君たちへ2008年11月15日 21時42分41秒

2007年に京都大学の山中伸弥氏らによりヒトのiPS細胞が生成されたという論文が発表され、世界中で大反響を受けました。
今回は将来の医療従事者や研究者などを目指す人を対象とした、医学のフォーラムを紹介します。慶應義塾大学とイギリスのシェフィールド大学の研究者による講演とパネルディスカッションが、12月6日(土)に行われます。今回のイベントもUK-JAPAN2008の一環のようです。
こちらに詳細が書かれています。参加希望の〆切が11月20日(木)必着と近いので、興味のある方は見落とさない様にご注意ください。

私は先日、宇宙のインフレーション理論の提唱者の一人である、東大の佐藤勝彦氏の講演を聴きました。元々は超新星の研究者だった氏が、なぜ宇宙のインフレーションという着想に至ったかという話がよく分かりました。大発見は思わぬところに道筋がつながっているのだなと感じました。

今年もあと1ヶ月あまり2008年11月26日 16時18分05秒

今年もあと1ヶ月あまり.
今年度は仕事はほどほどにして,研究に専念するつもりでいましたが,いろいろな事情により仕事をいくつか引き受ける事になり,9月以降はあっぷあっぷでした.当初の予定だと,週1回だけ大学で講義や演習を担当するつもりだったのですが…

週あたりの講義・演習

  • 4~5月:大学で学部90分×3コマ
  • 6~7月:大学で学部90分×3コマ,高校で50分×7コマ
  • 9月:大学で社会人講座90分×4コマ(兼担),高校で50分×7コマ
  • 10月初~中旬:大学で学部90分×1コマ,社会人講座90分×4コマ(兼担),高校で50分×7コマ
  • 10月下旬~:大学で学部90分×1コマ,社会人講座60分×6コマ(兼担),高校で50分×7コマ
この期間も国際会議発表,学会発表を行い,学術論文も素晴らしい共同研究者に恵まれて出す事が出来たので,非常に充実した年と言えるのではと思います.高校生から刺激を受け,社会人からいろいろな事を教わる機会もありました.

さて,来年は一体どんな年になるのでしょう.

Darwin 200 特集2008年11月26日 16時57分13秒

2009年はダーウィンの生誕200周年,『種の起原』の出版150周年にあたります.UK-JAPAN2008の企画の一環として,ダーウィン展が日本で企画されました.
イギリスの科学雑誌Natureが11月19日発行の号でDarwin 200という特集記事を組んでいます.また,イギリスではDarwin 200という特集を組んで様々な企画を行うそうです.
日本も2006-2007年に湯川・朝永両博士の生誕100年企画を行いました.この企画,参加された方はどれくらいいらっしゃるでしょうか.日本ではあまり大々的ではなかったような気がします.